バナー画像
  • HOME
  • 研修会報告

    研修会報告

     第17回研修会報告

開催概要

今回の研修会は、北海道新聞に連載中である「いのちのメッセージ」でおなじみの方波見康雄先生を講師に迎え、中山ヒサ子氏の朗読と共に、音楽療法士としての原点、人としての在り方についてお話しいただきました

研修会プログラム  

講演
「小さなものへのまなざし~いのちと魂の協奏~」
方波見医院医師 方波見 康雄 先生

朗読
「宮沢賢治の世界~ゴーシュのことばと音~」
日本音楽療法学会認定音楽療法士
        中山 ヒサ子
 主催者コメント


 この度 第17回研修会は、お陰様をもちまして 盛会のうちに終了しましたことを ここにご報告させて頂きます。
 今回もたくさんの方々、遠くは釧路、富良野、名寄などからもご参加下さいましたこと、心より御礼申し上げます。
 方波見先生のご講演は、テーマにもあります「ちいさなもの」とは「弱いもの」。それらの持つ可能性、清さ、感情に”共感する感性”が 今を生きる私たちにとって大切との内容を、心に響くエピソードと共にお話し下さいました。改めてセラピストとしての立ち位置を教えて頂きました。
 中山ヒサ子氏は宮沢賢治の人となりに触れ、賢治の瑞々しい感性の紹介がありました。チェロの練習が「小さくて弱いもの」たちの役に立っていた・・。ここでも「音楽の力」を再確認しました。
 今後も皆様とご一緒に より良い学びをして参りたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。


担当理事


講演 方波見先生

会場の様子

朗読 中山ヒサ子

上へ

Copyright(C) 2011 WA-HARMONY All Rights Reserved