バナー画像
  • HOME
  • 研修会報告

    研修会報告

     第14回研修会報告

開催概要
第14回研修会では、「高齢者施設」と「失語症」の臨床を主体に、高齢者施設で作業療法士として勤務されておられます佐々木悟氏、病院で言語聴覚士として勤務されておられます中西俊二氏と失語症の患者様である山田守様の3名を講師にお迎えし、下記のとおり開催いたしました

   とき 2016年2月21日(日)午後1:30から
   場所 カムオンHALL
      (札幌市豊平区中の島2条1丁目)

研修会プログラム  

演 題 「音楽の効果~作業療法の視点から~」
講 師 独立行政法人 地域医療推進機構北海道病院付属介護老人施設
                 作業療法士  佐々木 悟 氏

演 題 「成人の言語障害について~失語症を中心に~」
講 師 イムス札幌内科リハビリテーション病院
                 言語聴覚士  中西 俊二 氏

演 題 「失語症の患者として生きる」
講 師 北海道失語症友の会「北の会」  山田 守 氏


 主催者コメント

 第14回音楽療法研修会は、盛会の内に無事終わることが出来ましたことをここにご報告いたします。

 今回の研修会で、佐々木先生は、作業療法の視点から音楽療法を鋭く見つめ、音楽が重要な治療手段であることを示してくださいました。
 中西先生は、言語障害の概要についての説明の後、失語症の患者様との具体的なコミュニケーションのとりかたなど教示いただき、山田様は失語症の患者として、日常会話の方法を披露していただき、また、普段の生活の様子の動画を交えて、実際のコミュニケーションの取り方を教示して頂きました。
 受講された皆様の真剣なまなざしと暖かな雰囲気の中で、深い学びができましたことを心から感謝申し上げます。

 当研究会は研修会を年2回開催しております。テーマや講師のご希望など、ご意見をお寄せ下さい。これからも皆さまとご一緒によい学びをして参りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


担当理事 新森弥江

佐々木先生

中西先生

会場の様子

上へ

Copyright(C) 2011 WA-HARMONY All Rights Reserved