バナー画像
  • HOME
  • 研修会報告

    研修会報告

     第13回研修会報告

開催概要
第13回研修会として、会員と音楽療法に関心をお持ちの一般の皆様を対象に、児童領域の音楽療法について、対象理解を北海道大学医学部の柳生一自氏、実践を音楽療法士の千田圭子氏を迎えて下記のとおり開催いたしました

   とき 2015年2月21日(土)午後1:30から
   場所 カムオンHALL
      (札幌市豊平区中の島2条1丁目)
研修会プログラム  

テーマ 「児童領域の音楽療法~対象理解と実践」

演 題 「身体・知的発達に偏りのある子どもたち」
講 師 北海道大学大学院医学研究科児童思春期精神医学講座
               医学博士  柳生 一自 氏

演 題 「子どもの音楽療法と楽器使い」
講 師 日本音楽療法学会認定音楽療法士  千田 圭子 氏


 主催者コメント

 第13回音楽療法研修会は盛会の内に無事終わることが出来ましたことをここにご報告いたします。
 児童領域ということもあり、児童に関わるお仕事をこれから始めようとしている学生さんやベテランのピアノの先生まで他方面の方々のご参加を頂きました。

 柳生先生は、①発達、発達の偏りについて②運動発達に偏りのある疾患③精神発達に偏りのある疾患④発達に偏りのある子どもたちの受容と支援と分けてわかりやすくお話しくださいました。お話の中で子どもたちの発達の問題は本人がもっている発達の偏りと、家庭や社会などの環境との相互作用によって生じうること。そしてその子のありのままを受容するところから支援は始まり、ちょっとした手助けが出来ることを見い出すことが子どもの発達を促すきっかけになり得るということに納得いたしました。ここに私たちが音楽で添うことが出来るのではないかと思いました。

 千田先生は、長年にわたる音楽療法の現場の経験をお話しくださいました。子どもは発達・成長の途中にいて、どのお子さんも備わっている力をもっている。そして音楽療法は①障がい・病気等の理解と対応②子どもの発達状況が見れること③現在の発達やスピードにのっかっていくこと④肯定すること⑤心地よい時間であることが大切なことであると強調されました。そのために適切な楽器使いで音情報をコントロールして、集中できる音や場を作ることが重要で、先生ご自身がその子どもたちに添った楽器を作成されていることをご披露いただきました。

 柳生先生、千田先生、お二人の先生の真摯で温かい眼と心で子どもたちに向かい合っているお話に参加者全員が集中し、会場がとてもいい空間になり、よい学びが出来ました。

 当研究会は研修会を年2回開催しております。テーマや講師のご希望など、ご意見をお寄せ下さい。これからも皆さまとご一緒によい学びをして参りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


担当理事 下出理恵子

柳生 一自 氏

千田 圭子 氏 

会場の様子

上へ

Copyright(C) 2011 WA-HARMONY All Rights Reserved